サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

成績発表 全株売却完了!気になる損益は・・・

 

本日奇跡的に全株売却をすることができました。

 

ここ1,2ヶ月に売却した株の成績を発表したいと思います。

 

計算方式はざっと見の暗算ですw

 

NAG  プラス     50%

REE プラス   50% 

CDN マイナス 15%

AGP  プラス  20%

 

ここの詳細は以下のとおり

 

 

ナガカワベトナム NAG  

 

この株はベトナムが記録的な猛暑となっている。

 

というニュースを見て探した銘柄です。

 

 

猛暑というとビールなのですが、ベトナムのビール銘柄は外資との兼ね合いで、

 

株価が大きく変動しておりました。

 

なので、ビール銘柄は除外すると、エアコンかな?と思い、

 

エアコンを作っている会社を探したところ、あまり選択肢がありませんでした。

 

株価が動いてなかったので、遊び感覚で購入したところ、

 

2017年Q2の成績が良く、大幅に値上がり!

 

もっと保有していれば、100%増(倍)も狙えたのですが、ヨシとします。

 

 

リー冷蔵 REE

 

 

年初に購入できた分が50%増です。

 

ベトナム・中国の問題が無ければ長期で狙いたい銘柄ですので、

 

再参入もありえます。

 

 

ダナン港 CDN

 

唯一のマイナス銘柄です。

 

港の貿易量。営業利益は伸びているのですが、

 

経常利益はマイナス傾向。

 

他の港も成績が良くないので、業界に問題があるのかも。。。

 

長期的に狙える銘柄なので、今後も要チェックです。

 

出来高が少ないので、売りにくかったですが、本日売却完了!

 

アギメスファム製薬株式会社 (AGP)

 

まったく出来高の無い銘柄ですが、売り注文を出したら買ってくれた人がいたw

 

買ったときも売り注文は出てませんでしたので、そういう銘柄なのかな。

 

外国人は私しかもっていない銘柄なのですが、なぜか外国人枠に空きが無い。

 

という謎の現象が起きており、株価を押し上げる要因の外国人買いができないのが痛い。

 

大化けする可能性が一番高い銘柄だと思いますので、大化け時に後悔するかもしれません。

 

 

今後の戦略

 

まずは銘柄をチェックし、暴落時に備えます。

 

候補銘柄

 

GAS  下がるときには下がる。戻りも早い。短期で!

DHG  外国人枠が一杯になり、暴落すればオイシイ展開?

REE   硬いビジネス 外国人枠 

TMS   外国人枠

VSC      外国人枠

 

 

基本的に外国人枠が撤廃されるときに株価が急騰すると予想し、それを狙います。

 

GASは短期で狙うにはおいしい銘柄だと思います。

 

このままベトナム株が急騰し、買い場が無くなれば引退するかもです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

ベトナム株 大半を売却しました

本日ベトナム株 大半を売却しました

 

理由は以下のようになります。

 

 

1 中国公船体当たり、ベトナム漁船沈没…南シナ海

 

【ハノイ=吉田健一】中国とベトナムなどが領有権を争う南シナ海のパラセル(西沙)諸島海域で今月上旬、中国海警局の公船がベトナム漁船に体当たりして沈没させていたことがわかった。

 漁船が所属する同国中部クアンガイ省の漁業組合関係者が16日、読売新聞に明らかにした。

 南シナ海の一層の軍事拠点化を進める中国が、ベトナム漁船襲撃を今年に入って再び活発化させていることを改めて示した形だ。

 関係者によると、中国公船は7日夕、操業中のベトナム漁船を追跡し、体当たりしてきたという。

 漁船は程なく沈んだが、乗員6人は近くの僚船に救助され、無事だった。

 また12日午後には、同じ中国公船搭載の小型艇2隻が、同組合所属の別の漁船(乗員11人)を襲撃。漁業設備を破壊したほか、魚や食料の保管庫に薬品を投入して使用できないようにしたという。

 

ちなみにこのニュースはベトナムでは報じられておらず、一般の方は知らないようです。

 

ネットがあるので、知れ渡るのは時間の問題だと思いますが・・・

 


 

 

2 中国とベトナム、外相会談を中止 南シナ海巡り緊張高まる

 

[マニラ 8日 ロイター] - 中国とベトナムの外相が7日に予定していた会談が中止されていたことが、中国大使館関係者の話で明らかになった。

両国の間では南シナ海を巡る緊張が高まっており、週末に開かれたASEAN外相会議の共同声明でベトナムは、南シナ海での埋め立てや軍事拠点化への懸念を盛り込むよう求めていた。

中国大使館関係者は会談中止の理由を明らかにしなかった。

中国外務省当局者は、両国の外相が「既に会った」と説明。ベトナム外務省のコメントは取れていない。

ベトナムの国営メディアは、両外相が関連会議の合間に面会し、意見を交換したと報道、両者が握手を交わしている映像を放送した。

 

 

ソース

ソース2

 

なお、2014年に同様の問題が起き、反中国デモが行われました。

 

その際、約2週間でVN指数は約50ポイント、当時の指数で10%下落しました。

 

 

北問題で下落してから、VN指数は軟調になっており、

 

ここから大きな調整があってもおかしくありません。

 

そのための現金化です。

 

どっさり下がれば、大きな買い場になりそうです

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

年初7か月の外資新車販売台数、前年同期比+9%増も・・・

 

ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、

 

2017年年初7か月の新車販売台数は、

 

外資12社が 前年同期比+9%増の8万2360台

地場5社が   前年同期比14%減の6万2480台だった。

 



7月単月では、

 

外資12社が前年同月比▲10%減の1万1379台

地場5社が同▲39%減の7966台だった。

 

 

2017年年初7か月及び7月単月ともに外資はトヨタ、地場はチュオンハイが引き続きトップに立っている。

 

2017年年初7か月及び7月単月の新車販売台数は以下の通り。

 

 

ベトナム株 2017 自動車

 

ソース

 

東南アジア域内から輸入される排気量3千cc未満の車にかかってきた

 

30%の関税が18年になくなる。

 

車は2割ほど安くなるといわれ、買い控えが広がる。

 

シェア2割強の最大手トヨタも「ある程度は値引きに追随せざるをえない」

 

ベトナム市場はここ数年2ケタ成長を続け、16年に初めて30万台に到達した。

 

今年は一転「このままでは30万台割れは確実」(日系メーカー幹部)との声が聞かれる。

 

 

逆説的にいうと、買い控えが続く2017年の需要は来年に持ち越される。

 

これはチャンスとみるべきでしょう

 

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

ベトナム 上半期FDI認可額、前年同期比52%増

自宅のネット環境が不安定です・・・

手短に更新です

 

17年1−7月期(年初から7月20日まで)のFDI認可額(推定値)は

219億3233万ドル(約2兆4350億円)で、前年同期比52.0%増加した。

 

また、同期の実行額(推定値)も、同5.8%増の90億5000万ドル(約1兆円)と増加した。

1−7月期の新規認可案件数は前年同期比2.1%減の1378件で、認可額は同48.7%増の129億2732万ドル(約1兆4350億円)。追加認可案件数は同2.6%増の677件で、認可額は同38.5%増の58億7854万ドル(約6530億円)だった。

項目/17年1−7月期/前年同期比
実行額/90億5000万ドル/5.8%増
認可額/219億3233万ドル/52.0%増


新規認可額/129億2732万ドル/48.7%増
追加認可額/58億7854万ドル/38.5%増
外資企業による買収で子会社化された企業の外資出資額/31億2647万ドル/2.1倍
案件数(件)/5001/45.3%増
新規認可案件数/1378/2.1%減
追加認可案件数/677/2.6%増
外資企業により子会社化された案件数/2946/2.14倍

 認可額を業種別で見ると、

 

「製造」の108億3477万ドルで、全体の49.4%を占めた。

「電気・ガス・水道・空調」が52億5969万ドル

「採鉱」が12億8666万ドル

「不動産」が11億5169万ドル

「卸売・小売・修理」が9億9942万ドル

「建設」が8億5834万ドル

「専門サービス・科学・技術研究」が3億9606万ドル

「医療・福祉」が2億6819万ドル

「ホテル・レストランサービス」が2億6121万ドル

 

などの順となっている。

 国・地域別認可額では、

 

韓国が全体の25.6%に当たる56億2307万ドル

日本は54億6633万ドルで2位に後退

シンガポールが38億904万ドルで3位

中国が16億1529万ドルで4位

台湾が9億8199万ドルで5位だった。

 

1−7月期に認可された大型案件

 

韓国のサムスンディスプレー携帯端末工場案件(バクニン省)

 

シンガポールの第1ナムディン火力発電所案件(ナムディン省)

 

ペトロベトナムグループ(PVN)およびペトロベトナムガス(GAS)との

合弁会社を設立する日本企業によるB鉱区・オモンガスパイプライン敷設案件

(メコンデルタ地方キエンザン省)

 

台湾のポリエステル繊維・合成繊維生産工場案件(東南部地方ビンズオン省)

 

日本の第2ギーソン火力発電所案件(タインホア省)

 

ソース

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

新規上場企業 成績表2017

 

ベトナムでここ1年以内に上場した企業の成績表を

 

本日はご紹介したいと思います。

 

新規上場企業 成績表2017 上位成績

 

 

 

ベトナム 新規上場 業績 HOSE 良い

 

 

 

一位はROSですね。

 

ベトナム株をやっている方はご存知だと思いますが、

 

とても怪しい?会社です。

 

投機的要素が強いので、私はノータッチです。

 

 

 

有名な会社では

 

SAB  サイゴンビール

 

ACV  ベトナム空港公社

 

などでしょうか。

 

 

この表に載っている会社の中には、出来高が著しく少ないものや、

 

怪しい株も混ざっているので、注意が必要です。

 

(例) RGC ゴルフリゾート?

4年間連続赤字なのに、上場できた&株価も値上がり !!

 

 

 

新規上場企業 成績表2017 下位成績

 

次はマイナスとなっている会社紹介です

 

ベトナム 新規上場 業績 HOSE 悪い

 

 

個人的には下位の会社のほうが興味深いのですが、

 

出来高が少なすぎたりすると、売れないケースが多々あるので、控えておきます。

 

 

ちなみに、上昇している銘柄は約90銘柄

 

下落したものはそれを上回る約150銘柄です。

 

お宝株が見つかりましたら、ご連絡ください(笑)

 

 

 

(証券会社より送られてきたデータを基にしております。)

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

| 1/53PAGES | >>

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです