サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

マサン飲料 ミネラルウォーター会社を買収

民間コングロマリット企業、マサングループ(MSN)が
ミネラルウォーター会社を買収すると発表しました。


マサングループ(MSN) おさらい

製造業を中心としたベトナムを代表とする民間コングロマリット企業で、
民間企業としてはビナミルクに次ぐ2位。時価総額は全体では6位につけております。

マサングループ組織図 (ニュース証券様 レポート参照)

マサングループ (MSN)  組織図.JPG


すでにビンハオミネラルウォーターを傘下に入れているマサングループですが、
マサン飲料は、Quang Ninh Natural Mineral Water Limited の株式の65%を取得し、
戦略的パートナーとなる事が発表されました。

Quang Ninh Mineral Water Company Limited は北部で人気のあるブランドで、
資本金は800億ドン(355万ドル)の会社で、IPOによる拡大を目指しておりました。

予定価格は11.100ドンでしたが、マサン飲料の取得価格は現時点では未定です。


ソース元より抜粋




また、マサン飲料は最低でも株を5年以上保有する事も発表し、
短期的な利益を求めるのではなく、 Quang Ninh Natural Mineral Water Co Ltdの
2つのブランドであるQuang Hanh and Faith mineral waterの生産・販売を拡大し
ベトナムでの飲料水事業を長期的にみての買収だそうです。

現在、マサングループはビンハオミネラルウォーターとビナカフェビンホア
という飲料大手企業の株の過半数を保有しており、
今回の買収によって、昨年の売り上げの倍以上である、1兆ドン(4400万ドル)
を目指すとしております。

 ソース


ハウザン製薬(DHG)も飲料水部門に参入。
とのニュースがありましたが、水道水を飲めない国では需要が大きいのでしょうか。


それにしてもソース元の工場写真は怖いですよね。
衛生管理も大きなキーポイントになる時代はまだなのかな?


 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

時価総額から見る マサングループ(MSN) 2 

少し日が開いてしまいましたが、今回はマサングループ(MSN) の株価、
今後の展開を見ていきたいと思います。




株価から見る マサングループ(MSN) 


現在の時価総額は約3170億円。(双日の時価総額とほぼ同じです)

ベトナム上場企業の中で6番目の規模になり、民間企業最大の規模を誇ります。




マサングループ(MSN)  チャート (クリックで拡大します)


マサングループ(MSN)  チャート




2011年にピークを記録した後、その後は90.000前後で数年推移しております。


業績推移

マサングループ MSN 業績

参照元 キャピタルパートナーズ証券様レポート


売り上げは2011年から2014年で倍増しており、営業利益も増加しておりますが、
税引き後利益は2011年がピークとなっており、冴えません。

これは鉱山事業の投資が回収できまでの期間が長かった、
また金融事業の不振、社債変換費用がかさんだ影響と考えられます。


2010年時には4,635あったEPSが年々下落しており、
2011年と2014年の利益とEPSを比較したいと思います。

                                         2011年              2014年
税引き後利益                    2496                  2037       (マイナス 18%)
EPS                                  2909                  1447       (マイナス 50%)


マサングループ(MSN) は第三者割り当てを複数回にわたり行っており、
株数が増加したため、株式の希釈化が起こり、EPSが下落しているのではないでしょうか。


マサングループ(MSN) は第三者割り当て記録
マサングループ配当



また少し不可思議なニュースも入ってきております。


参照元 キャピタルパートナーズ証券様
2015/04 レポート
マサングループ MSN news 2

参照元 キャピタルパートナーズ証券様
2015/06 レポート
マサングループ MSN news  1


2014年12月に売却した株を、違った形?で2015年4月に再取得。
今後ニュースをフォローしたいと思います。




 

マサングループ (MSN)  個人的感想


マサングループ(MSN) は上場以来、一度も現金配当、無償割当などの株主還元策を実施しておりません。しかし第三者割り当てを複数回にわたり行っているなど、既存株主を軽視した結果となっております。


経営陣の国際化、迅速に再編できる行動力、そして強みのある食品部門が特徴のマサングループ(MSN)は今後も力強く発展していくと思われます。しかし、既存の株主(私たちのような個人株主)を軽視したやりかたは株価向上にはつながらないのではないでしょうか。





 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

時価総額から見る マサングループ(MSN)

本日はビナミルク(VNM)に続く民間コングロマリット企業、
マサングループ(MSN)を時価総額から見ていきたいと思います。


マサングループ(MSN) 会社・事業概要
マサングループ(MSN)はもともとは調味料を海外向けに生産し、輸出する企業でした。
2002年ごろから輸出から国内向けにシフトを開始し、2009年に現在の社名に改名、
そして同11月にホーチミン証券取引所に上場しました。

現在は、製造業を中心としたベトナムを代表とする民間コングロマリット企業で、
時価総額は全体では6位につけております。


マサングループ組織図 (ニュース証券様 レポート参照)をご紹介いたします。

マサングループ (MSN)  組織図.JPG

現在の主要部門は以下の3分野です

マサン消費財ホールディングス(食品・消費財製造部門
調味料、即席めん、飲料(ビール・ミネラルウォーター)などを主に生産している。

醤油 、ヌックマム(魚醤)などのシェアはベトナム全土で6割を超えており、
インスタントラーメン シェア2位、インスタントコーヒーシェア1位となっている
(インスタントラーメンシェア1位はエースコック・インスタントコーヒーシェア2位はネスレ)



テク コムバンク銀行  金融・銀行サービス・未上場)
マサングループ(MSN)は、ベトナムの大手民間商業銀行のひとつであるベトナム技術商業銀行 (テクコムバンク)に、2010 年 12 月に引き受けた 3 兆ドンの転換社債も含めて 30.4%出資しています。

テクコムバンクは、総資産額で第 8 位、貸出総額で第 10 位、預金総額で第 8 位となっており、
強みはリテール分野と中小企業取引となっており、ベトナムでのJCBカードの発行なども行っております。



マサンリソーシズ 資源開発
マサンリソーシズは、ベトナム北部で鉱山開発を行っている会社です。

同鉱山はタングステン、蛍石、ビスマス、銅を含有しており、これらのレアメタル(希少金属)の量 は、世界的にみても規模が大きく、特にタングステンに関しては、世界の埋蔵量全体の約 60%を占めて いる中国以外では、最大規模の鉱山のひとつであり、中国を除いた世界のタングステン生産量の約20% がヌイフォア鉱山から産出されています。


鉱山事業は2014年から稼動し、2015年に入ってから本格的に売り上げに貢献しておりますが、タングステン・銅などの資源価格が急落しており、当初見越していた利益は上げられないものと見られます。 また、マサンリソーズは2015年下旬に上場する計画があるそうです




上記以外の業界では、飼育飼料業(マッサン・アグリ(Masan Agri))や商品パッケージ業(ミンベト包装(Mivipack))なども行っていたが、これらの事業は売却され、新たにソーセージ・缶詰製造のサイゴン栄養食品(Saigon Nutri Food)を買収し肉類加工業に参加をするなど、事業再編を細かに行う会社という印象があります。



社内経営陣は生え抜きの人物だけではなく、ユニリーバ(消費財)・JPモルガン(金融)・カールスバーグ(ビール)などからヘッドハンティングをされてきたと思われる外国人が経営層におり、これらの中にはM&Aの専門家なども含まれております。





次は業績・株価などを見ていきたいと思います。

参照 ニュース証券様レポート

 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

| 1/1PAGES |

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです