サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベトナム株投資に向けて(投資信託編)

ベトナム株投資に向けて (投資信託編)(随時、追加・編集する予定です)


2015年現在ベトナム株に投資する方法は、何通りかあります。

1 ベトナムに関連する投資信託を買う

2 ベトナムETFを購入する

3  日本の証券会社で取引をする

4  ベトナムの証券会社で取引をする


今回は投資信託の情報と、メリットとデメリットを記載いたします。


日本ではベトナム株に投資する投資信託があり、証券会社などで購入可能

ベトナム株式ファンド (協会コード 79312107)
ベトナム成長株インカムファンド (協会コード 9A311148)
DIAMベトナム株式ファンド (協会コード 47311156)
CAMベトナムファンド (協会コード9A311108)
FC グローバル ベトナムファンド (旧フェイム−アイザワ トラスト ベトナムファンド)


など

メリット

1 ベトナム株特有の煩雑な手続きが要らず、手軽に買える


ベトナム株口座開設は、他国の証券開設よりもハードルが高く、パスポート等の認証
(ベトナム大使館など)や警察署での無犯罪証明(2015年現在不要)などが必要。
これらの手続きは手間もかかる上に、費用も数万円単位でかかってきます。

2 日本語ですべての手続きができる

ベトナム国内の大手証券会社には英語・日本語のできるスタッフが常駐されている事が多いですが、
関連書類等はベトナム語が中心となってくるが、投資信託は信託情報などもすべて日本語でOK

3 気軽に換金できる

ベトナム株式の売却+日本への送金は、一部のベトナム国内証券会社では積極的に行っておらず、
あまりサポートを受けれない。との情報がありますが、投資信託では気軽に売却、換金が可能です 

注( 相場が大きく動くバブル崩壊時などを除く)

また、投資信託によってはNISA対象のものもありますので、税制面でも優遇されています。


デメリット 

1 手数料が高い

一般的なベトナム株ファンドの販売手数料は 3%前後です。また、
信託報酬が毎年 1.5%〜2.0%かかります。

一部のファンドでは、さらに成功報酬がかかってきます。

販売手数料3%+信託報酬が1.5%+成功報酬

毎年払わなくてはいけない信託手数料があり、複利のメリットも享受できなので、
発展途上国への長期投資のメリットが生かせません

2 投資判断能力、ベトナム市場の理解力が身につかない

投資信託のメリットは手軽に買える。という点ですが、投資を他人に任せることにより、
ベトナム株の情報、投資判断能力がいつまで経っても向上しません。

株は損して覚える』(邱永漢さんのページ)という言葉があります。


(2009年1月購入済み)

まとめ

・日本語を使って気軽にベトナム市場に投資したい
・初期資金が少なく、口座開設に価格費用を抑えたい

方々には、ベトナム投資信託はお勧めできるのではないでしょうか。



にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村




 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

| 1/1PAGES |

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです