サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ホーチミン市インフラ投資株式会社 (CII) 2015年10月の動き



前回、ホーチミン市インフラ投資(CII)は、2015年臨時株主総会を10月20日に開催し、
以下の3つの議案を提出する。とお伝えいたしましたが、その結果が出ました。

1、外国人投資枠上限を100%に引き上げる

可決



2、同社発行の額面総額2500万米ドルの転換社債について、
ゴールドマン・サックスの提案により転換期限を1年延期する。

否決


ゴールドマンサックスは現在、額面総額約2500万米ドルのCII転換社債を保有。
転換価格は1株1万8800ドン、償還期限は2016年1月27日。

現在の株価は約、2万4000ドンです。



3、金庫株として自社株5000万株を取得する。
転換期限延期が承認されれば、5000万株の自社株取得は実施しない。

ホーチミン市インフラ投資(CII)は最大5000万株の自社株を金庫株として購入すること
を承認しているが、ゴールドマンサックスが転換社債を株式に転換しなければ、
この自社株取得は実施しない。ので、自社株を取得しそうです。


ソース
ベトナム語での報告書
日本アジア証券様 参照ページ





ベトナム現地新聞によると、ホーチミン市インフラ投資(CII)は、
アメリカの年金・保険ファンドからの資金を借り入れ、更なる発展を目指す。
と報道されております。

また外国人枠投資撤廃は、ベトナム国内の投資家から不安の声も聞こえてきますが、
外国人・外国企業がベトナムのインフラを牛耳るのが目的ではない。
とCEOは述べております。


また、CEOは以下のコメントも出しております。

ホーチミン市インフラ投資(CII)は、発展のために資金を必要としており、
そのためには、外国からの積極的な投資が必要。

外国からの資金導入は、資本を充実させるだけではなく、
高度な専門技術、経験を持ったマネージメント層を増やす。メリットもある。

しかし、アメリカのファンドの求めるリターンの数字は大きく、
ファンドから干渉されず、独立した関係を保てるかが課題となる。

だから外国人投資枠上限を撤廃し、ファンドから資金を借り入れるのではなく、
安定株主になってもらい、更なる発展を供に目指す。



ホーチミン市インフラ投資(CII)は、以下の利益予想・計画も発表しました。
(強気な数字だと思います。)

2016年税引き後利益  847.000
2017年税引き後利益   1.000.000

2014年税引き後利益    544.285
2015年税引き後利益予想  670.000 
(単位 百万ドン)


英文ソース



個人的には、上記の計画達成を継続するのは難しいと思います。
なぜなら、この会社は営業利益が低く、不安定な数字を出してくる企業だからです。


ホーチミンインフラ投資 ベトナム株 業績


しかし、短年での達成は十分ありえると思いますので、
そのときに株価は上昇するかな。と思います。

投資は自己責任でお願いしますね


 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです