サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

時価総額から見る ダナンゴム DRC 2

引き続きベトナムタイヤ大手、ダナンゴム (DRC)を取り上げたいと思います。



ダナンゴム DRC チャート


前回の記事で2012年から経常利益が停滞気味で・・・
とお伝えしておりましたが、株価はかなり上昇中です。

2011年末から2012年6月までに2.5倍強の上昇を記録し、
その時期から2015年までにさらに3倍になるなど、いいペースで上がっています。

ちなみに現在時点での時価総額は約200億円となっております。

日本のタイヤメーカー株価と比較すると規模の小ささが目立ちます

横浜ゴム 4000億円
住友ゴム 4500億円
東洋ゴム 3300億円
ブリヂストン 3兆7000億円!



ダナンゴム (DRC) チャート クリックで拡大

ダナンゴム DRC チャート.JPG


また配当も積極的に行っており、長期保有されている株主は、
大きな利益を得られているのではないでしょうか。

ダナンゴム DRC  配当.JPG



インカムステートメントも再度掲載


ダナンゴム業績 DRC.JPG



バランスシートを見てみると、固定資産の大幅な増加が目立ちます。
これは2013年完成の新工場の投資の影響でしょうか。


ダナンゴム DRC バランスシート.JPG

指標を見てみるとEPSは少し下落基調です。

Gross/Net profit margin の改善は好印象です。
しかし負債も増加しており、すこし気になる水準です。

ダナンゴム 指標.JPG


TPPとタイヤ産業

あまりデータが無く、他のブログの参照となってしまいますが、
TPPによるタイヤ関税の変動は以下のようになります。


アメリカ
10年目で撤廃

カナダ
4年目に撤廃

ニュージーランド
即時撤廃

ベトナム
4-11年目で撤廃

参照元ブログ


主要国での関税が撤廃されていくことは好材料だと思います。
問題はそれまでに品質&ブランド力を向上させて、
販売網を構築できるかが鍵となりそうです。



ソース
キャピタルパートナーズ証券様 レポート
ニュース証券様 レポート
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
こんにちわ。
ダナンゴムは本当に面白そうな銘柄ですね。
マーケット・ベクトルETFベトナムからの押し上げ効果も期待できますし、
大株主にはノルウェー銀行、ドイツ銀行、
テンプルトンファンド他外資の機関が多く、
外国人買いは今週も続いているようです。

日本のタイヤ業界が、
ブリヂストン一強時代から新しい秩序へと、
動き出している中でのダナンゴムの立ち位置は、
注目だと思います。

もしよければこちらの配当金推移のグラフの
アドレスを教えて頂けますか?
コメントありがとうございます。

ダナンゴムも面白い会社ですよね。

配当金の情報は、以下のサイトから入手可能です。
http://www.cophieu68.vn/snapshot.php?id=DRC

上記リンク、ページ中部左の Dividends-calendar eventになります。

個人的にはブリヂストン一強はかわらないのでは?
と思います。

タイで働いているときにタイヤメーカーをいろいろ訪問いたしましたが、ブリヂストンの販売・組織力は他のメーカーと段違いでした
ありがとうございます。

なるほど、私はタイヤ業界に直接の関わりはなかったので、
詳細に詳しいアジア株太郎さんの言っている通りなのかもしれません。
  • ぴよたん
  • 2015/11/22 11:28 AM
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです