サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

チュオンロン自動車 (HTL) とベトナム自動車販売数

トラック販売を手がけるチュオンロン自動車 (HTL)の株価が爆上げ中です・・・
とお伝えさせていただいたのが、10月28日。

その次の日をピークに株価は大幅に戻っております。

日本人投資家が取り上げたときがピークの典型ですねw



チュオンロン自動車 (HTL) 株価


直近のチャートを記載します。
チュオンロン 自動車 HTL チャート 直近.JPG


11月9日現在のPER は参照ホームページによって異なりますが、

7.6-8前後になります。

また株価ピーク時のPERは11前後と想定されます。

(ピーク時株価194)÷ (現在株価143)× (現在PER8) で計算しております。
(間違っておりましたらご指摘いただければ幸いです)


株価ピーク時のPER(11前後)は決して高くは無い水準だと思いますが、
急激に上がりすぎたため、その反動かな?と思います。

今後も成長が期待できそうであれば、購入しやすい時期に入ったのではないでしょうか。

余談ですが・・・
ペトロベトナムガス(GAS)などの大型株でも、ストップ安が続いた後に、
ストップ高で値を戻したこともありますので、ベトナム株をされる方は、
ベトナム市場の特徴として頭の片隅に入れる必要があると思います。





ベトナムの2015年1〜10月の自動車販売、53%増

ここからは、
NNA Asia 様の記事を抜粋・参照しながら、
ベトナムの自動車販売をみていきたいと思います。



ベトナム自動車工業会(VAMA)が7日に発表した
国産と輸入車を含む1〜10月の自動車販売台数は18万5,811台で、
前年同期比53%増だった。


トラックやバスといった商用車が71%伸びて成長をけん引し、6万8,157台、
ダンプを中心とした特別車両が109%増の9,668台と好調。
商運輸省による過積載の取り締まり強化を受けて運送業者が増車を進めており、特需が続く。

いすゞベトナムは
前年同期比2.3倍の5,573台で5位、
日野ベトナムは
前年同期比2.3倍の4,590台で7位となっている。
日野は通年で7,000台まで伸ばす目標だ。



乗用車は40%増の10万7,986台だった。乗用車の販売台数は、
昨年通年の10万400台余りを今年は10月時点で上回った。

1〜10月の輸入完成車(CBU)販売は前年同期比62%増の4万8,683台、
ノックダウン(CKD)生産による国産車は50%増の13万7,128台。(割合は74%)
前年同期から1ポイント、2013年の同時期からは6ポイント下がった。

1〜10月の外資12社の販売台数は10万894台と過去最高のペースで推移している。

抜粋終了





日野ベトナムは前年同時期比較2.3倍の4590台

前年同時期台数 4590/2.3=1995台

7000台達成時は  7000/1995= 
前年比3.5倍


チュオンロン自動車 (HTL) 2014年業績は以下のようになり、
2015年Q1−Q3合計の売り上げは 1.260.834となっております。

7000台達成できた場合、2014年の売り上げから倍増以上になりそうな予感です。


HTL チュオンロン自動車 業績2014.JPG


 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです