サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベトナム株投資信託 『ベトナム成長株インカムファンド』 2015年10月マンスリーレポートを読む

ベトナム株投資信託 『ベトナム成長株インカムファンド』 2015年10月マンスリーレポートを読む

『ベトナム成長株インカムファンド』
の10月のレポートがアップされましたので、ご紹介したいと思います。


ベトナム成長株インカムファンド
キャピタル アセットマネジメント
協会コード 9A311148
設定日 
2014年8月20日


2015年6月基準額   9.930円
2015年7月基準額 10.605円

2015年8月基準額  9.304円
2015年9月基準額  8.905円

2015年10月基準額  9,946円
(前月末比 1041円/ 約11.7%増)

10月は大幅は増加となり、設定日から分配金を加味するとプラスまで戻しております。


ポートフォリオ 運 用 状 況
株式マザーファンド比率 9.82%→97.3%
現金比率        1.8%→2.7%
保有銘柄数       34→37



組み入れ銘柄 (2015年10月)

『ベトナム成長株インカムファンド』 2015年10月

組み入れ銘柄 (2015年9月)
 ベトナム成長ファンド 9月.JPG


先月は先々月に引き続き、ビナミルク (VNM)も買い増ししておりますので、
今月は11月の下落は価格に影響があると思います。

今後の見通しを記載しておきます。



■今後の見通し、運用方針 ベトナム政府は、国の資本運用を手掛ける国家資本投資経営総公社(SCIC)に対して、ベトナム乳業やFPTを含む大 手企業から国の資金を引き揚げる適切な時期をグエン・タン・ズン首相に提案するよう求めました。引き揚げの対象と なる企業は10社で、その10社の株式時価総額は約70 億米ドル(約8,400 億円)です。そのうちSCICの保有分は約30 億米ドルです。SCICは今後、国の利益が最大になるよう資金引き揚げ時期を定めて、首相に報告する予定です。ベト ナム乳業やFPTなどのSCIC保有分が市場に放出され、ベトナム政府が最大49%としてきた上場企業への出資制限を 撤廃し外国人投資家が自由に買えるようになれば、ベトナム乳業やFPTのような優良株は堅調な相場展開が予想さ れます。今後の運用方針としては、ベトナム乳業やFPTのような優良株を引き続き高位で保有していく予定です。ま た、セクター別では、引き続き不動産関連株などに注目しており、不動産市場の回復が明確になりつつある中、建設・ 不動産関連株の上昇が続くと見ています。 

参照 2015年10月マンスリーレポート
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです