サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ビングループ(VIC) 観光産業の目玉となる施設を増やしております


ベトナム不動産最大手 ビングループがベトナム初のサファリパーク開設
 

ビングループ(ベトナム不動産最大手)がカンボジア国境付近に位置する
フーコック島にベトナム初のサファリパークを開設した。

ベンガル虎やアラビアガゼル、キツネザルなど約140種、
約3000頭の野生動物がおり、1日8000人が来場できる。

観光地として開発が進む島北部ガンダウで、500万平方メートルの敷地のうち、
まず原生林380万平方メートルを切り開き、動物園とサファリパークをオープンした。

敷地内には、オーストラリアやインド、南アフリカ出身の職員が在籍する
東南アジア最大級の動物病院も設けた。


ビングループは、同島で観光開発を進める主要企業の一つで、サファリパークのほか、
港湾、小売り、宿泊、医療関連の施設などに約10億ドル(約1190億円)を投資している。


参照

ビングループは大規模な投資をフーコック島で展開中

ビングループは昨年
国際基準を満たす病院を開設しました。

病院規模は、地上6階建て。延べ床面積1万9000m2、病床数150床。
10科が設置されており、最新の医療機械・設備が導入されているそうです。

投資総額は1兆VND(約57億円)。全国各地から優秀なスタッフを集め、
海外からも臨床経験豊富な専門医を招いており、国際基準を満たしている。

地元住民だけでなく、フーコック島を訪れる国内外の観光客に対して、
質の高い医療サービスを提供することで、地域の観光発展に大きく貢献すると期待されている。

参照


2014 年年末には、総面積の 300 ヘクタールでゴルフ場の 100 ヘクタール、
ホテルと別荘の 750 室、ビンパールランド娯楽施設など整備しており、
総合リゾート施設の開発を進めております。


ビングループはただの不動産業ではない?

ビングループは不動産投資を主に行っているイメージですが、
スーパー事業・農業事業などの多角化を進めており、
純粋な不動産業とは呼べないかもしれません。

また少数株主を軽視する傾向がありますので、
投資をする際は注意が必要です。

過去記事に詳細記載しております

2016年は不動産株がくる!と考えており、
ビジネス的にビングループは成功すると思っているアジア株太郎ですが、
ビングループ投資は注意する必要があるとおもいます。


 


 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです