サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベトナム航空 ANAが出資へ!

以前から噂になっていたANAによるベトナム航空への出資が発表されました
 

130億円で8.8%の株を取得

 

ANAがベトナム航空に出資し提携することで基本合意。
 

ベトナム政府は国営企業改革の目玉として、ベトナム航空の資本・業務提携相手の
選定を進めてきたが、交渉は難航していた。


今夏に同社の第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の8.8%を約130億円で取得し、
10月にも相互に座席を供給する共同運航を始め、両国間の路線や便数を拡充して、
増大するアジアの旅客需要を取り込む予定。

 

ベトナム航空は日本とベトナムを結ぶ国際線で約5割の旅客シェアを持つが、
国営企業ゆえのサービス品質の低さをが問題になっており、
サービスや経営効率の教師役となるパートナーの選定を進めていた。

 

ベトナム航空は現在、日本航空と共同運航などで提携しており、
ANAとは所属するグループも異なっており共通点は少なかった。

TPP発効後に日本経由で北米などの需要が取り込めることや、
旅客サービスの水準の高さなどを勘案し、ANAを選んだもよう。

ベトナムからの訪日客はこの5年で4倍超に増えており、
ANAも現地大手航空との連携を模索していた。


ベトナム航空は15年12月時点で87機の航空機を保有し、
29の国際線と21の国内線を運航する。

14年12月期の単体売上高は53兆ドン(約2800億円)。

日本では羽田、成田、中部、関西国際、福岡の各空港に乗り入れている。

アジア株太郎的には

ANA提携の噂は前からありましたが、アジア株太郎は非常に否定的でした。

ベトナム航空はサービスのレベルも低く、また従業員モラルも低いからです。

(操縦士・客室乗務員の日本での逮捕のニュースも数回あったかと思います)


まあANAの株はベトナム株と関係は無いですが、
ベトナム航空の関連会社にも影響はありそうです。
たとえば以下のニュースも入ってきております。

ANAとベトナム航空は空港での旅客チェックインや機内食ケータリング、
航空機整備などの分野でも協力する。業務を相互に受委託することなどでコストを削減する方針。

将来的にはコストの安いベトナムで整備をするでしょうし、
ケータリング会社も今よりももっと大きなビジネスが望めます。


 



 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
初めまして。先日のおすすめ本で日経マネーを紹介されてました。貴方の記事はFPT紹介のところでしょうか?とすれば私も狙ってますが49%制限で買えません。
SSIは既に撤廃されてますが、FPTも撤廃を待ってます。SSIは撤廃後急騰はしなかったですがFPTは急騰とみてますが、ご見解あればお願いいたします。
  • tora
  • 2016/01/15 9:20 AM
Tora様
コメントありがとうございます。

私の記事の部分はFPTの部分ではございません。
NCTとMASのところです。

外国人枠が撤廃されれば、FPTは急騰するのか?
という質問ですが、私見では少しは上昇する可能性があると思いますが、長期的にはあまり影響は無いかと思われます。

その理由ですが、相対取引(2万株以上)で毎日多くの株が外国人株主間ですでに取引されているからです。

また、ビナミルクなどの上限にかかっている会社の株もたまに取引できる日がありますので、お使いの証券会社の担当者に買える日に連絡するように頼むのもひとつの手段だと思います。

FPT自体は有望な会社だと思いますので、今後の未来は明るいかと思われます。
  • アジア株太郎
  • 2016/01/16 10:45 AM
丁寧なご回答ありがとうございました。
”おっかなびっくり・・・”のスレでもコメント頂いておりますが、そちらも盛り上げて頂きたく期待してます。
  • tora
  • 2016/01/16 5:51 PM
ベトナム関係の情報はなかなか集められないので、
いろいろとシェアしていただければと思います。

今後ともよろしくお願いいたします
  • アジア株太郎
  • 2016/01/17 10:45 AM
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです