サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

素人投資法4 株の買い場と売り場


ではどんなときに株を買えば or 売れば いいのでしょうか。


株の買い場は?

世界的な経済危機といわれる時は、株の買い場です。

誰も株を買いたくないとき(みんなが売りたいとき)に買いましょう。


リーマンショックがいい例ではないでしょうか。


当時は香港株のみやっておりましたが、

リーマンショック後に株を買っていれば、どんな株でもつぶれなければ3倍〜5倍以上でした。
(香港で倒産した上場会社はそんなに多くないのではと思います。)

そんな事をいう私もかなり怖かったので、絶対につぶれないだろうと思った

『香港証券取引所』という鉄板株を購入しましたが、それでもいい思いはできました。



今後の買い場は?


今年に入り株が下落を続けていますが、買い場にはまだ早いのでは?と個人的に思います。


リーマンショック時はどうだったでしょうか?

大きな投資会社がつぶれ、保険会社もつぶれかけ、銀行もつぶれかけました。

株価が下がったニュースだけではなく、実際に会社がつぶれる。つぶれそうだ。

というニュースが出たときは株は安値で購入する事ができます。


そういうときに、つぶれない株を買えれば、勝てると思います。


しかしベトナム株は別です。 

ベトナム株は外国資金がそこまで入っていなかったので、世界の景気とあまり連動しておらず、

リーマンショックの影響も余りありませんでした。



ベトナム株については今後別の記事でご紹介したいと思います。



いつ売ればいいのか?


では、売り時はいつでしょうか。

それはみんなが株を話題にしたときではないでしょうか。

2015年の中国本土株バブルが記憶に新しいかと思いますが、

その際に手持ちの香港株をすべて売却し、塩漬け状態だった株も利益を乗せる事ができました。


クズ株と呼ばれていた株が多かったので、安値から10倍以上になった株もありますが、

財務内容がよくなったとかの要因ではなく、単純に周りにつられて上がっただけでした。


クズ&塩漬け株一覧

例)        2010年   2015年(売却時)       現在値 (2016年1月)
0245 HK            0.083          1.4                                      0.76
0360 HK            1.1                 2.25                                    0.52
8243 HK            0.161             0.84             0.45


2010年時 損きりできずに塩漬けとなった株たちと後の10倍株




2015年6月12日にピークを迎える前後に売れた株




損切りせずに、長期塩漬けになった株でも、こういうときに売れれば大成功です。






 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです