サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

素人投資法 5 ベトナム株はどうすればいい?


前回の記事では、ベトナム株は世界市場と連動しておらず、

リーマンショックなどでも影響が少ないので、他の市場と買い場が違う。

と書きました。

ではいつベトナム株を買えばいいのでしょうか?



ベトナム株の買い場


ここは短期と長期で書いてみたいと思います。


短期では

おススメしませんが、最近のベトナム株のチャートは少し興味深いです。


ベトナム株 短期 チャート


PCに疎いので汚い画像で申し訳ないのですが、2014年ごろからのベトナムVN指数は、

上値を640、下値を530前後で推移しております。

現在は下値の530に近づいており、短期で見ると買い場ではないでしょうか?

しかし繰り返しますが、短期取引はおすすめしません。



長期的では


長期的にみても今の株価530前後は買い場とみてもいいと思います。

もちろん銘柄選びは大切ですが・・・


理由をご説明する前に長期チャートを見てみたいと思います。




ベトナムVN指数長期チャート  (探すのに苦労しました。)


ベトナム株 長期 チャート


こちらがベトナム指数の長期チャートですが、2007年バブル時に1200付近まで行った後、

一時は300ぐらいまで下落し、その後は400-600のレンジで動いております。

いい意味でも、悪い意味でも安定しております。


前回記事でも書きましたが、ベトナム市場の大手であるペトロベトナム関連株が、

原油安で大きく落ち込む中でも、VN指数(
ホーチミン証券取引所上場の全銘柄からなる時価総額加重平均

は安定しております。


これは原油・ガス関連銘柄の下げを、他の銘柄でカバーしている。

とみてもいいのではないでしょうか。


逆に原油価格が反発する時には、VN指数上昇にも大きな影響を与えると思います。



原油も大きな要因となると思いますが、一番の要因は『投資家の思惑です』

前回ボロ株をバブル時に売り抜けれた。と書きました。


上海指数の長期チャートとベトナムVN指数を比較すると面白いのではないでしょうか。


上海総合チャート



上海指数チャート


上海指数は2008年に6000付近でバブルが崩壊し、その後しばらく低迷。

昨年のバブル(といっても規模も短いですし、上げ幅も小さい)で盛り上がりました。

上海とベトナムを比較したいと思います。

       前回上値  バブル崩壊後   新バブル
上海     6000              2000                        5000
ベトナム   1200      300                          ??


次のベトナム株の売り場は?

ベトナム株の波が次に来るのは、ベトナムVN指数1000が目処ではないでしょうか。

私は今もっている株は、ひとまずベトナムVN指数が1000前後になるまでおいといて、

バブルだ!と感じたら半分売ろうと思っております。


これはQさんの格言のひとつです。


いつまでも同じ株を抱き続けていると、
株の好きな人は株で遊ぶ資金がなくなって手持ち無沙汰になります。
ですから私は株価が倍になったら半分売って資金を取り戻し、
残りの半分は只ですからジッと持ち続けることを人にもすすめ、
自分でも実行しています。
只の株ならどんなに下がっても元値に達しないから、

大暴落の中でもあわてずにすみます。


Qさんは株を売ったらじっと持ち続ける。と書いていますが、

これは『売るタイミング』が正しいのかわからない。からです。

100で買った株が、200上昇&売却し、その後1000,1500と上がった経験はありませんか?


手持ち株を半分売って投資資金を回収し、その後上がれば売却する。

これは素人が投資で設けるためには重要ことだと思います。


決して最高値の1500で売ることを狙ってはいけません・・・







 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
そのとおりですね。
ベトナム、キューバ、ミャンマー、北朝鮮、そしてロシアをウォール街の金融資本家は狙っています。その前に戦争でしょう。きっと
  • NINJA300
  • 2016/01/20 5:40 PM
コメントありがとうございます。
正直戦争だけは勘弁です・・・

しかし原油価格が以上に下がると突発的な事故はあるかもしれませんね
  • アジア株太郎
  • 2016/01/20 7:07 PM
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです