サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ペトロベトナムガス (GAS) 利食い も・・・・


ペトロケミカルガス(GAS)利食い という記事を書きましたが、

その後原油価格の上昇もあり、一時は売却価格から20%も上昇しました!



買えば下がる。

売ればあがる。

ということわざ?がありますが、そのとおりとなってしまいました。


尊敬するQさんも同じような事をかかれております。



Qさんコラム抜粋


株の買い時も売り時に負けず難しい

株は買い時より売り時が難しいと言われております。
『利は元にあり』というくらいですから、
本当は買い時も難しいのですが
買ってしまったものは動かし難い現実になっていますから
後の処理をどうするかを
考えるよりほかないだけのことです。

株は安く買って高く売れば誰でも儲かります。
でもそれがなかなかできません。
どうしてかというと、安い時は安くなる理由があって、
会社が大赤字になっているとか、
トラブルに巻き込まれて
業績の回復が見込めない時だからです。
そういう時は、大抵の人が株を売りにまわります。
株価が安くなるのはそのせいです。

そういう空気の支配している時に
常識に逆らって株を買うためには勇気が要ります。
会社の将来に対する確たる見通しが必要だし、
万一、見通しを間違えた場合、
損をするだけの覚悟も必要です。


ところが、株価の上がる時は
会社の業績がよくなるか、
景気のよくなる時ですから、
皆が株を買いにまわります。
安くなるのを待っていると、
待っているいるうちに他人に買われて
買えなくなるのではないかと心配になります。
株価が、急に上がりはじめると
もっと高くなるのではないかと
心が焦ってついとびつき買いをしてしまうのです。

安い時は振り向く人もいないのに
高くなると、株を買う人が増えるのは
こうした人間心理の弱点があるからです。
  
ですからこうした弱点を克服するだけの
強い意志を持っていなければ、
株式投資では成功できません。
みんなが株を買いたがる時は株を買わず、
みんなが株を買いたがらない時に
自分のはやる心を抑えて
株を買うだけの強い意志が必要なのです。

ウォール・ストリートで世界一の投資家になった
ウォーレン・バフェットという人は
株価の高い時は何もやることがないが
株価が大暴落すると途端に忙しくなるとこぼしています。
あなたはそのどちらに属する人類ですか。

抜粋終了



ペトロベトナムガス(GAS)株を売却したお金で、ある株を購入することができました。

流動性も無く、外国人の保有も無い株ですが、業績は好調で順調に成長しております。

長期で持つ事になりそうですが、化けるかも。。。期待してます

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです