サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

1〜5月の自動車販売、商用車好調で31%増!

生活リズムが変わりなかなか更新できておりませんが、

ベトナムの経済環境は動いております。


1〜5月の自動車販売、商用車好調で31%増!

ベトナム自動車工業会(VAMA)が10日に発表した国産と輸入車を含む
今年1〜5月の自動車販売台数は、前年同期比31%増の11万1,442台だった。
特にトラックなど商用車は42%増で4万1,980台に達し、全体をけん引している。


VAMAは今年、業界全体の販売台数を通年で前年比10%増の26万台と見込んでいるが、
5月までの販売実績は通年予測を大きく上回るペースだ。


乗用車は22%増の6万1,568台で、特別車両は59%増の7,894台売れた。


国産・輸入別

ノックダウン(CKD)生産による国産車は37%増の8万5,238台
輸入完成車(CBU)は16%増の2万6,204台

CKDの割合は前年同期の73.4%から76.5%にやや拡大した。

年初に実施された特別消費税(SCT)の算定方法改定で、
CBUの販売は当初は落ち込んだが、7月1日のSCT税率改正を控えて増税になる
大型車で駆け込み需要が発生しているとみられる。

フォード、5割増

5月までの外資12社の販売台数は過去最高を記録し、5万1,967台だった。

トヨタ・ベトナム  13%増の2万1,804台
レクサスは92%増の929台

フォード・ベトナムは53%増の1万1,247台
ピックアップトラック「レンジャー」は5,439台、
16人乗りバス「トランジット」は3,028台を販売した。

いすゞベトナムは1%減、日野ベトナムは8%減に転じている。

運輸省によるトラックの過積載取り締まり強化を受けた運送業者による
トラック増車需要は落ち着いてきたが、それでも2年前の同じ時期より大幅に伸びている。

■地場5社の販売台数は4万9,833台で、前年同期比56%増だった。

トップのチュオンハイ自動車(Thaco)が57%増の4万3,881台

販売台数の内訳
Thacoトラック=1万9,040台、43%増
ビナマツダ=1万1,854台、74%増
Thaco起亜=1万1,427台、64%増
Thacoバス=1,288台、114%増
プジョー=272台、49%増

韓国・現代自動車のバスやトラックを扱うドータインは2,447台を販売している。


引用終わり


しかしベトナム自動車株のバブル崩壊の影響はまだ続いており、回復はまだまだ時間がかかりそうです




 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです