サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベトナム私立病院株はあるのでしょうか?

 

今回はベトナム私立病院の記事がありましたので、

隣国タイと比較してみたいと思います。

 

ベトナム私立病院の現状

 

ベトナム私立病院協会によると、ベトナム全国には180か所の私立病院があるが、

その3分の2は患者を集めることができず、採算が取れていない状況だ。

 

公立病院には患者が殺到し、常に飽和状態となっているのに対し、

私立病院の病床利用率は約50〜60%に留まっているという。

 

ホーチミン市内には44か所の私立病院があり、全国の私立病院数の24%を占めている。

 

このうち4か所は2014年及び2015年に新たに設立されたもので、

いずれも「4〜5つ星ホテル」並みの設備を整える大型総合病院の事業モデルを取っている。

 

近年、ベトナムの私立病院数は急増しているが、その大半はまだ評価されていない。

 

危険な疾患となれば、歴史も長い中央レベルの公立病院で治療・診断を受ける傾向が強い。

このほか、私立病院が困難に陥っている原因として、立地条件が良くないことや、

料金が高いことなどが挙げられる。

 

なお、政府開発援助(ODA)による融資を受けられるのは公立病院のみで、

私立病院は対象外となっている。

 

また、私立病院の多くは病床数が100床未満で、

低利融資の対象になっていないのが現状だ。

 

参照

 

 

以外でしたが、ベトナムにいる在留外国人や富裕層はどうしているのでしょうか。

 

カンボジアやラオスなどでは、国内の医療レベルが低く、

近郊国などで治療するケースもありますが、ベトナムもそうなのでしょうか。

 

 

いっぽうで、タイの病院のレベルはかなりかなり高いです。

 

タイの病院は株式会社

 

近年話題になっている、いわゆる「医療観光」。

 

それをアジアで最初に盛り上げた国はタイである。

 

立役者は、民間の株式会社病院だ。

 

日本では病院の株式会社化は認められていないが、

 

タイにおいては医療提供の重要な役割を果たしているのである。

 

タイで最初の私立病院であるバンコク病院は、1972年2月26日に開業した。

 

当時のベット数は100床であったが、現在タイの証券取引場に上場。

 

その過程で、M&Aを頻繁に行い、19の医療施設を展開している。

 

バンコク病院は医療の質の担保については、各種の第三者認証を受けている。

 

参照

 

今後外国人が増加し、ベトナムの富裕層が増えるにつれて、

 

もとめられる医療水準が増していくでしょう。

 

タイのように株式会社化できるかわかりませんが、その際は注目ですね

 

 

タイ病院株

参照ブログ記事

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです