サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベトナム株 ホアン・アイン・ザーライ(HAGL)2 不動産から商品へ


前回の要約
不動産開発の成功、株式上場で得た資金で、多角化の一環として展開していた水力発電事業と鉱山開発事業は、
大きな損害を生みました。また、本業のマンション開発・販売も金融引き締め策(ハイパーインフレ対策)などにより不良債権が増え、収益も大幅に悪化しました。


多角化経営の始まり
2010年末のHAG売り上げ見通し(2011,2012年)は前回ご紹介したとおりなのですが、
実際はどのような結果になったのでしょうか


HAG 売り上げ 2010


ホアンアインザーライ HAG 売り上げ構成 2012-4
(ニュース証券様より抜粋)

         予想     実績 (2012)
不動産      45%                   64%
鉱山物                      39%                    8%
電力                         10%以下      3%
 
実績が大きく予想と外れており、特に鉱山物の投資は失敗といってもいい結果ではないでしょうか。
(2015年現在、利益率の低い小型鉱山・電力事業は撤退)

不動産事業売却とプランテーション事業の拡大
また2012年-2013年には不動産の売上比率が急減したのは、HAG が保有する 12 件の開発プロジェクトを、HAG の 100%子会 社アンフー社(An Phu Company)に売却したことによります。アンフー社は、HAG から引き継いだ不 動産の売却と、銀行債務の返済を担う債権回収会社として設立され、HAG株主にもアンフー社の株式購入権利が与えられました。 (日本人投資家で買っている方もいるとおもいます。)


この間ホアン・アイン・ザーライ(HAGL)は農園(プランテーション)事業を拡大しており、砂糖・天然ゴム・パームオイル・トウモロコシ事業をインドシナ各地で行っており、2013年には砂糖の売り上げが約30%になるなど、コモディティ(商品)業へ移行しつつあります。



HAG プランテーション事業
(ニュース証券様レポートより抜粋)

HAGがプランテーション運営に乗り出したのは、2010年の農作物価格上昇が発端ではないか。と私は思います。
2010年ベトナムで農作物価格上昇

上記の表は各農園事業の情報ですが、次は価格推移を見ていきたいと思います。

砂糖価格

HAG 砂糖価格
売り上げ規模トップの砂糖価格ですが、計画当初の数値と、実際に売り上げに貢献してきた2013年と比べると、約半値まで下がってしまっております。 (またこの砂糖はベトナム国内砂糖業者の反発により、ベトナム国内での販売はできず、主に中国に輸出されております。)


天然ゴム価格
HAG ゴム価格

パームオイル価格
ホアン・アイン・ザーライ(HAGL) パームオイル

トウモロコシ価格
ホアン・アイン・ザーライ(HAGL) トウモロコシ価格


そして、2014年からは食肉事業も初め、2015年から売り上げに貢献するといわれております。

牛肉価格

ホアン・アイン・ザーライ(HAGL) 牛肉価格推移
世界経済のネタ帳様より抜粋

HAGの経営者は、各商品(コモディティ)価格が高いときに参入を決定しているの?という疑惑がわきあがってきたのは私だけでしょうか?
安易な多角化なのか、計画された事業なのか、どちらでしょうか・・



現在世界的に商品価格が下がっており、ホアン・アイン・ザーライ(HAGL)の参入した各商品事業は厳しいのではと思いますし、それが株価に反映されていると思います。
鉱山事業・電力事業の二の舞にならないと良いのですが・・・


ちなみに今回主にご紹介をさせていただいた商品事業は、子会社のホアン・アイン・ザライ国際農業(HAGLアグリコ、銘柄コード:HNG、旧名HAGL Rubber JSC
にて展開をしており、この会社は2015年7月にホーチミン証券取引所にて上場を開始しております。 (ホアン・アイン・ザーライ(HAGL)の持分は約80%
ベトナム不動産大手HAGLの農業子会社、20日にホーチミン証取上場


ホアン・アイン・ザライ国際農業(HAGLアグリコ、銘柄コード:HNG)
 
チャート・株価


ホアン・アイン・ザーライ(HAGL)の損益計算書を載せておきます。

次回はミャンマー事業を取り上げたいと思います。


ホアン・アイン・ザーライ(HAGL) income statement

参照 
「グエンとチョウのベトナム株式セミナー 第13回」(ホアンアイン・ザーライ)
ニュース証券様 ホアン・アイン・ザーライ(HAGL) レポート (2014/07)  (2014/10)
キャピタル・パートナーズ証券様 ホアン・アイン・ザーライ(HAGL) レポート (2012/05)(2014/11

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです