サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ハウザン製薬(DHG)経営陣に日本人がいた理由が判明!?

以前の記事で『ハウザン製薬(DHG)経営陣に日本人が!?」というのがありますが、

 

この続報をお伝えしたいと思います。

 

 

 

大正製薬関連ではなく、新会社設立のため!?

 

昨年日本の大正製薬が、ハウザン製薬(DHG)の株を取得しましたが、

 

この日本人は大正製薬の人物ではなく、この株式取得とは関係が無いと思われます。

 

 

新会社は移動式健康診断事業

 

 

2017 年 1 月 31 日 野村貿易株式会社は、ベトナムで地場製薬業大手の DHG 社、

大阪を中心に日本全国で総合健康診断事業を展開する JML グループと合弁で

移動式健康診断事業 を主目的とする Fuji Medic LLC を設立しましたのでお知らせします。

 

 

 

設立の背景および目的

 

2012 年 6 月のベトナム労働法が改正、 企業の雇用者は従業員に対し毎年定期的な

健康診断を実施することが義務付けられましたが、

予防医療 に対する認識は低く、特に顧客のデータ管理は殆ど行われていないのが実情です。

 

そこで日本式の丁寧で安定した健診サービスおよび年次で顧客データ管理が出来る

健康診断システムを ベトナムの人々に提供、まずはベトナム 南部のメコンデルタの

中心都市であるカントー市で事業を開始します。

 

現地法人の概要 会 社 名 : Fuji Medic LLC

設 立 日 : 2016年7月27日 所 在 地 :

 

資 本 金 : VND26,946,000,000.-(USD1,200,000.-)

事 業 内 容 : 病院業(移動式健康診断事業)

出 資 比 率 :

野村貿易株式会社(30%)

DHG Pharmaceutical Joint Stock Company(51%)

日本医学蝓19%・JMLグループ)

 

なおこの会社の社長は、ハウザン製薬の経営陣の日本人となっております

 

 

ソース

 

面白そうなビジネスモデルですね。

 

ベトナムではベトナム戦争(枯葉剤など)の影響で、

 

一般市民の健康に対する意識は高いです。

 

工業団地などに入居する会社に対し、移動式で健康診断をする。

 

結構伸びそうなビジネスですね。

 

 

 

ちなみに、現在は大正製薬からも役員が送り込まれております。

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです