サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ビナミルク VNM 外国人枠 撤廃前後の株価推移

ずいぶん更新してませんでした。

 

今回は外国人枠を撤廃した

 

外国人枠撤廃前後の株価を見ていきたいと思います。

 

 

 

ビナミルク(VNM) の外国人枠撤廃の時系列

 

 2016年5月26日

ビナミルク(VNM)が定時株主総会で外国人枠制限の撤廃を決議。

 

◆2016年6月28日

ビナミルク (VNM) が取締役会を実施。株主総会で決議された外国人枠制限撤廃案を承認。

 

 2016年7月22日

ビナミルク (VNM)が、国家証券委員会から外国人枠制限撤廃を認可された。

7月22日より外国人 枠はこれまでの49%から100%に変更された。

 

 

株価チャート

 

ビナミルク (VNM) チャート 

 

 

上記のチャートを見ると、外国人枠撤廃決議が決まってからの動きは少なく、

実際に撤廃されてから株価が動いています。

 

これはビナミルクが外国人枠を撤廃する事は規定路線だったので、

すでに株価に織り込まれていたからと思われます。

 

 

今後の動き

 

現在も政府関連企業が約45%の株を保有しており、

順次放出予定なのですが、昨年末に行われた放出では、

シンガポール企業 F&N (タイビバレッジ傘下)しか入札に参加しませんでした。

 

これはビナミルクの時価総額が1兆円を超えており(9140万米ドル)、

入札に参加できる企業が限定されているからだと思います。

 

 

買収合戦になれば、株価もあがる?と思っていましたが、

ビナミルクは規模が大きすぎたようです。

 

他の企業もチェックしたいと思います。

 

 

 

 

 

参照

   Nikkei Asian Review

 

 アイザワ証券様 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです