サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

緊急アラート! ベトナムと中国が不穏な流れに!

 

緊急アラート発令!です。

 

 産経新聞ウェブ版 抜粋

ベトナムが石油掘削を強行 中国の報復も

 

 

中国とベトナムが領有権を主張して対立する南シナ海のパラセル(西沙)諸島

 【シンガポール=吉村英輝】英BBC放送(電子版)は5日、中国も領有権を主張する南シナ海海域で、ベトナムが石油探査に向けた海底掘削に着手した、と報じた。この探査をめぐっては、中国人民解放軍首脳が激高し、訪越日程を切り上げた経緯がある。報道が事実であれば、ベトナム政府は、中国側の猛抗議を無視して掘削を強行したことになり、中国による報復も予想される。

 シンガポールの石油コンサルタントの話として伝えた。ベトナム南東部の南シナ海の鉱区開発権を持った国際石油会社が、委託した探査船で先月21日、ベトナムから約400キロの海底掘削を始めたという。

 別の関係者は、ベトナム政府は過去3年間、中国を刺激することを避けるため、同社に掘削許可を出さなかったとしている。BBCは、中国との衝突リスクが弱まったと判断したベトナム上層部が、「大胆な行動」に出た可能性を指摘した。

 同鉱区と重複する海域では、中国も独自に権益を設定し、中国共産党の幹部が名を連ねる香港の石油会社が2014年、開発権を購入しているという。

 ベトナムの石油探査の動きを受け、人民解放軍制服組トップの范長竜・中央軍事委員会副主席は6月18日、ハノイでのベトナム首脳らとの会談で中止を要求。だが拒否されて激高し、20日から予定していた二国間防衛対話などを突然キャンセルして出国した。

 

抜粋終わり

 

 

このニュースを受け、7月5日日本時間7時前に売り注文をだしたのですが、

 

すでに注文を出せる時間を過ぎており、株を売却することができませんでした・・・

 

そこで気を取り直して、ここ1ヶ月のベトナム関連ニュースをチェックしたところ、

 

このような結果になっていました。

 

 

ベトナム 中国 南シナ海 石油

 

 

 

ベトナムが強気に出れるのは、アメリカ・日本の支援があるからだと思いますが、

 

ここ数日で事態がエスカレートするようなことがあれば、

 

2014年の再来となるかもしれません。

 

 

2014年の流れ

 

2014年 ベトナム 南シナ海 中国

 

 

 

この流れの中で、ベトナム株は一時10%近く下落しました。

 

良くみると同じような下落が続いたし、そんなに影響ないかも・・・

 

2014年 ベトナム株 南シナ海  チャート

 

ニュース証券様 当時の状況が良くわかるレポート

 

 

 

最近ベトナム株は好調でしたので、これが下落のきっかけになるかもしれません。

 

しかし、前回の紛争では外国人投資家の買い圧力が強く、

 

数ヵ月後には株価は回復しております。

 

 

前回と同じ流れになれば

 

 〜瓩瓩乏瑤鯒笋辰童酋皀殴奪函

 

◆ヽ瑤下がったところで買いなおし!

 

を狙いたいところですが、そんなにうまくいくでしょうか?

 

経過を逐一チェックしたいと思います。

 

最新情報はこの ベトナム株掲示板

 

 

 

 

 

 

 

個人的な追記になりますが・・・・

 

ベトナム関連のニュースは日経のウェブ版で毎日チェックしています。

 

重要なニュースはまったくといっていいほどありませんでした。。。

 

日経新聞 ベトナム株 ニュース

 

 

日経解約して、産経にしようかしら

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです