サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

年初7か月の外資新車販売台数、前年同期比+9%増も・・・

 

ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、

 

2017年年初7か月の新車販売台数は、

 

外資12社が 前年同期比+9%増の8万2360台

地場5社が   前年同期比14%減の6万2480台だった。

 



7月単月では、

 

外資12社が前年同月比▲10%減の1万1379台

地場5社が同▲39%減の7966台だった。

 

 

2017年年初7か月及び7月単月ともに外資はトヨタ、地場はチュオンハイが引き続きトップに立っている。

 

2017年年初7か月及び7月単月の新車販売台数は以下の通り。

 

 

ベトナム株 2017 自動車

 

ソース

 

東南アジア域内から輸入される排気量3千cc未満の車にかかってきた

 

30%の関税が18年になくなる。

 

車は2割ほど安くなるといわれ、買い控えが広がる。

 

シェア2割強の最大手トヨタも「ある程度は値引きに追随せざるをえない」

 

ベトナム市場はここ数年2ケタ成長を続け、16年に初めて30万台に到達した。

 

今年は一転「このままでは30万台割れは確実」(日系メーカー幹部)との声が聞かれる。

 

 

逆説的にいうと、買い控えが続く2017年の需要は来年に持ち越される。

 

これはチャンスとみるべきでしょう

 

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです