サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベトナム株 大半を売却しました

本日ベトナム株 大半を売却しました

 

理由は以下のようになります。

 

 

1 中国公船体当たり、ベトナム漁船沈没…南シナ海

 

【ハノイ=吉田健一】中国とベトナムなどが領有権を争う南シナ海のパラセル(西沙)諸島海域で今月上旬、中国海警局の公船がベトナム漁船に体当たりして沈没させていたことがわかった。

 漁船が所属する同国中部クアンガイ省の漁業組合関係者が16日、読売新聞に明らかにした。

 南シナ海の一層の軍事拠点化を進める中国が、ベトナム漁船襲撃を今年に入って再び活発化させていることを改めて示した形だ。

 関係者によると、中国公船は7日夕、操業中のベトナム漁船を追跡し、体当たりしてきたという。

 漁船は程なく沈んだが、乗員6人は近くの僚船に救助され、無事だった。

 また12日午後には、同じ中国公船搭載の小型艇2隻が、同組合所属の別の漁船(乗員11人)を襲撃。漁業設備を破壊したほか、魚や食料の保管庫に薬品を投入して使用できないようにしたという。

 

ちなみにこのニュースはベトナムでは報じられておらず、一般の方は知らないようです。

 

ネットがあるので、知れ渡るのは時間の問題だと思いますが・・・

 


 

 

2 中国とベトナム、外相会談を中止 南シナ海巡り緊張高まる

 

[マニラ 8日 ロイター] - 中国とベトナムの外相が7日に予定していた会談が中止されていたことが、中国大使館関係者の話で明らかになった。

両国の間では南シナ海を巡る緊張が高まっており、週末に開かれたASEAN外相会議の共同声明でベトナムは、南シナ海での埋め立てや軍事拠点化への懸念を盛り込むよう求めていた。

中国大使館関係者は会談中止の理由を明らかにしなかった。

中国外務省当局者は、両国の外相が「既に会った」と説明。ベトナム外務省のコメントは取れていない。

ベトナムの国営メディアは、両外相が関連会議の合間に面会し、意見を交換したと報道、両者が握手を交わしている映像を放送した。

 

 

ソース

ソース2

 

なお、2014年に同様の問題が起き、反中国デモが行われました。

 

その際、約2週間でVN指数は約50ポイント、当時の指数で10%下落しました。

 

 

北問題で下落してから、VN指数は軟調になっており、

 

ここから大きな調整があってもおかしくありません。

 

そのための現金化です。

 

どっさり下がれば、大きな買い場になりそうです

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです