サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベトナム 2017年GDP目標を達成濃厚も・・

 

 

ベトナムのGDP2017年目標の6.7%を達成することが濃厚に!

 

 

ベトナムは、2017年の国内総生産(GDP)成長率が、

政府目標の前年比6.7%を達成できるとの見通しを示した。

 

同国は、7〜9月期のGDP成長率が前年同期比7.46%で、

同期では11年以来の高成長を記録した

今年に入り右肩上がりで成長が加速している。

 

 

1〜9月の成長率は前年同期比6.41%だった。サービス業や工業などが好調だったほか、

輸出拡大が成長を押し上げたとされる。

 

産業別の成長率をみると、サービス業が7.25%、工業・建設業が7.17%

農林水産業は効率化や構造改革などを進めるなか、2.78%の伸びを示した。

 

 

同国の成長を見込み、国外からの投資も拡大している。

 

同期の国外からの直接投資(FDI)額は34.3%増の255億ドルに上った。

 

景気回復に伴い起業の動きも活発化しており、

企業の新規設立件数が15.4%増の9万3967件、

登録資本金の総額は43%増の902兆7000億ドン(約4兆5135億円)

事業を再開した企業も2.9%増の2万1100社だった。

 

 

その一方で、ベトナムの長期的な成長持続に懸念を示す見方もある。英市場調査会社キャピタル・エコノミクスのアジア担当エコノミストは、ベトナムの成長は輸出拡大と金利の引き下げといった政策に支えられていると指摘する。そのため、利下げにより融資需要が増加し、不良債権が積み増しされれば成長の下押しリスクになるとの懸念を示した。

 

18年の国内総生産(GDP)成長率を6.5〜6.7%とする目標

 

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は18年の国内総生産(GDP)成長率を

6.5〜6.7%とする目標を発表した。

 

18年の消費者物価指数(CPI)上昇率は4%、輸出額の伸びは7〜8%、

貿易赤字は輸出額の3%以内、社会開発投資額のGDP比は33〜34%に、それぞれ目標を設定した。

 

 

ベトナム・ニュース(VNS)によると、都市部の失業率を4%以下とし、

国民皆保険の実現に向けて、健康保険の加入率を85.2%まで引き上げる目標も示された。

 

政府はまた、財政支出の削減に取り組むと強調。公用車の購入を閣僚や高級官僚に限定し、下級官僚による公用車の使用を見直すほか、記念行事や催事への予算も抑制する方針を示した。

首相は、17年のGDP成長率は目標とする6.7%を達成する見通しと報告した。GDP成長率を四半期ごとにみると、17年第1四半期(1〜3月)は5.15%、第2四半期(4〜6月)は6.28%、第3四半期(7〜9月)は7.46%となっている。

 

ソース

ソース2

ソース3

 

 

ソースにもありますが、金利の低下はメリットとデメリットがあります。

 

ベトナムは不良債権の問題がありますので、現在は改善しておりますが、

 

不良債権比率には注目したいと思います。

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです