サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベア・ブル型 レバレッジETFに注意!

今日はベトナム株ではないトピックを取り上げたいと思います。
ちなみにこのブログ記事は私自身にとって、今後の戒めにしたいと思います。

このブログ記事は、日経にある記事を見て書こうと思いました。

原油投資、個人にじわり浸透 株以上に値動き荒く
2015/8/8 

以下抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原油の国際指標であるニューヨークのWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物価格は昨秋以降大幅に下落した。昨年12月には1バレル60ドルを割り込んだ。このころから鮮明になったのが、原油関連のETFやETNの発行数増加だ(グラフA)。

原油関連のETFやETNの発行数増加

特に増勢が目立つのが野村グループ発行の「原油ダブル・ブルETN」だ。東京商品取引所の円建て原油の2倍の値動きをする指数に連動する7月末の発行数は1448万口と昨年末の30.2倍に達した。同じ野村発行のETF「原油インデックス連動型上場投信」も10.1倍の5865万口になった。円換算のWTIに連動する。シンプレクス・アセット・マネジメントのETF「WTI原油価格連動型上場投信」も伸びている。


価格が下がれば下がるほど利益を得られる金融商品への関心も高まっている。日経・東商取原油インバース指数(グラフB)に連動する野村グループ発行の「原油ベアETN」だ。今年に入って発行口数や売買金額が増えている。

日経・東商取原油インバース指数

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が今回声を大きくしてお伝えしたいのは、これらは指数に完全に連動しているわけではなく、
長期的に見るとリスクの高い(リターンは低い)商品だという事です。

では、2つに分けてご説明をさせていただきたいとお思います。


1 指数に連動しない

以下抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
"ETFが指数と連動するということは、ETFの市場価格は連動する指数値に一致するように動くはず"と考えがちかもしれないが、これは正しくない。ETFの市場価格は基準価額とのかい離幅が拡大しないように動き、さらに連動するのは指数値自体ではなく、指数値の変動率となる。

ETFの運用会社は、基本的にETFの基準価額の日々の変動率が指数の変動率に一致するよう運用する。連動を目指すのは指数値の水準ではなく、あくまで変動率となる。これに対し、市場価格は投資家がETFの基準価額を取引所で売買する値段であり、原理上は、市場での取引価格と基準価額の間の乖離(かい離)が拡大しないように市場価格が動く。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
抜粋終わり 参照元 



2 レバレッジETFの勘違い

X倍レバレッジETF =インデックス指数のX倍のリスクではなく、X倍レバレッジETF =日次リターンがインデックス指数平均のX倍になるようポジションを毎日リバランスする取引戦略。

ポジションの大きさを毎日リバランスさせるので、指数が上がれば自己資金が増えるのでポジションを買い増し、指数が下がれば自己資金が減るのでポジションを落とす。ガンマショートのオペレーションを行う戦略。
グレアム・ドッド村への旅)様参照

これについては、専門家・また専門的に説明しているブログがございますので、
こちらをご紹介させていただきたいと思います。

1 日興アセット、日経レバレッジETFについて

2 グレアム・ドッド村への旅、レバレッジETFを買う馬鹿
(過激な名前ですが、図などでわかりやすくご説明されております)


3  原油レバレッジETF例

では、レバレッジETFの実例を見てみましょう。

なお今回比較・紹介させていただくETFは以下のようになります。

1Direxion Daily Russia Bull 3X ETF (RUSL) 時価総額約280億円
ロシア指数の3倍に連動するブル型レバレッジファンド
理論的には平均が10%上昇すると、ファンドの価額は30%上昇

Direxion Daily Russia Bear 3X ETF (RUSS)

 時価総額約60億円
ロシア指数の3倍に連動するベア型レバレッジファンド
理論的には平均が10%下落すると、ファンドの価額は30%上昇

実際のチャート 比較

RUSS RUSL レバレッジ原油 ETF  比較
赤線がRUSS ベア型ETF
青線がRUSL ブル型ETF

上記を見ていただければお分かりになるかと思いますが、ブル型ETFのほうは、小さな上下幅はありますが、長期的に低迷したままとなっており、ベア型も反発する事はありますが、ほとんどの期間マイナスの成績となっております。

短期で購入をする事で利益を上げる事は可能ですが、それができるのであれば、よりリスクの少ないもののほうがいいのでは。と思います。




(私の理解が間違っている可能性もございますので、その際はコメント等をいただけましたら幸いです)


 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです