サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ホアン・アイン・ザーライ (HAGL)  ラオス空港事業

ホアン・アイン・ザーライ (HAGL)  ラオス・空港事業について書きたいと思います。


ホアン・アイン・ザーライ (HAGL)  ラオス・空港事業
ホアン・アイン・ザーライ (HAGL)  ラオス空港事業完成のニュースが入ってきました。


HAGL、ラオスのアッタプー国際空港を落成


以下引用

ラオス南部アッタプー県で建設していたアッタプー国際空港が5月30日、落成した。落成式には、チュオン・タン・サン国家主席が出席した。 同空港案件はBT方式(建設・譲渡)で実施され、全長1850m・幅45mの滑走路、空港ターミナルビルなどが建設された。投資総額は3600万USD(約45億円)で、HAGが出資している。同空港はラオス国民の移動のみならず、観光やビジネスなど海外からの需要にも対応することが期待されている。 HAGは現在、同国東北部フアパン県でもノンカン国際空港案件を展開している。同案件の投資総額は8000万USD(約99億円)。2期に分けて実施され、第1期は2015年中に完成する予定だ。

引用終了



これらの案件は2011・2012年に計画され、2013年に完成予定でしたが、
工期が何らかの事情で遅れ、今年になり完成されました。


空港が建設されているアッタプー県・フアパン県は、ベトナム国境に接している県です。

ホアン・アイン・ザーライ (HAGL) はアッタプー県でゴム、サトウキビ、オイルパーム栽培に多額の投資をしており、ラオスの中でもつながりが深い県となっております。 (以前は水力発電・鉱山投資もこの県で行っておりました)


どれだけ需要があるのかはわかりませんが、投資額から推測するに非常に小さな空港だと思いますので、
ホアン・アイン・ザーライ (HAGL) に直接影響は無いかと思いますが、ラオス政府とのつながりの強さを示すニュースではないでしょうか。

 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです