サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

時価総額から見る ベトナム企業 ホーチミン市インフラ投資株式会社 (CII) 3



今回は、ホーチミン市インフラ投資株式会社 (CII ) 第三弾です。



ホーチミン市インフラ投資株式会社 (CII ) 外国人保有枠

前回ご紹介いたしましたが、この株は外国人保有枠いっぱいの37.8%。

通常の外国人投資家は、購入するのが難しい
(表面上は)となっております。


理由

アメリカ の金融投資企業であるゴールドマン・サックスを中心に、
転換社債を発行しており、この分外国人枠が減少しているからです。


なお2015年7−8月に、ゴールドマン・サックスは、
額面総額650万米ドルの転換社債を、転換価格1万ドンで 転換し、
ホーチミン市インフラ投資 (CII)  1461万8500株をゲットしております。

 転換価格10.000ドンとありますが、現時点での株価は約23.300ドンです。
(時価総額1450万米ドルです。)




これ以外にも、多くの転換社債が存在すると思われ、下記 Publish Otherが、
転換社債、または第三者割り当ての記録です。

( 下記表  前記ゴールドマンサックスによる 1461万8500株 含まず )

ホーチミン市インフラ投資株式会社 CII  配当.JPG



この結果、ホーチミン市インフラ投資(CII)の発行済み株式数は、
大型増資によって過去1年で2倍近くも増加しております。


2014年 約276万株増加
2015年 約1億1100万株増加 
2015年 10月現在 流通株式数 2億2705万7638株



株数は大幅に増加しておりますが、 EPSは増加、PER (P/E)はほぼ横ばいとなっておりますが、
この点がアジア株太郎的には疑問に思っております
(通常は株数増加= EPS. PER低下になると思うのですが・・・)

(サイトにより最新EPSは異なりますので、同じサイトでの数字比較)

2015年10月現在
EPS 4.265
P/E  5.35
P/B  1.06
BVPS  21.508


ホーチミン市インフラ投資株式会社 CII  Ratio.JPG





 
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

コメント
コメントする








   

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです