サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ベトナム 双子の赤字、株の懸念材料

ベトナム株ニュースを探していたら、日経より興味深い記事を見つけました

 

 

抜粋開始

 

ベトナム株が堅調に推移している。

 

5月以降はほぼ一貫して上昇基調にあり、7月6日にはVN指数が年初来高値を付けた。

 

しかし、足元では財政赤字と貿易赤字の拡大が投資家の心理を冷やし始めており、

 

今後の株価には不透明感も漂っている。

 

 

ベトナム株 VN指数 2017 短期チャート

 

 

主要銘柄が上場するホーチミン証券取引所(HOSE)のVN指数は11日、

769.36となった。前日から2.8ポイント上昇した。

 

 

ベトナム中央銀行は、約3年ぶりに政策金利の0.25%引き下げを発表し、

 

10日から実施した。株価には上昇圧力がかかるとみられていたが、反対の結果になった。

 

 

投資家の懸念はベトナム経済が抱える“双子の赤字”にあるとみられる。

 

16年は貿易収支は黒字を確保したものの、1〜6月は鉄鋼輸入の増加などから

 

27億ドルの貿易赤字に転落した。

 

輸出のけん引役である韓国サムスン電子は4月に発売したスマホの最新機種の好調で

 

昨年の発火事故の痛手から回復しつつある。

 

 

財政赤字も深刻だ。1〜5月の財政赤字は約25億ドル。

 

国内総生産(GDP)に占める公的債務の比率は16年12月時点で64.7%と

 

政府が上限に定めた65%に限りなく近づいた。

 

 

ベトナムが期待するのが日本だ。

 

6月に訪日したグエン・スアン・フック首相は安倍晋三首相と会談し、

行政改革、国営企業改革を進める人材を育成するために5年間で800人を

 

日本の省庁などに留学させることで合意した。政府間の交換留学としては異例の規模となる。

 

 

 

14〜16年まで3年連続で韓国がトップだったFDI(海外直接投資)も、

 

1〜6月に久しぶりに日本が首位を奪回しており、

 

ベトナム経済の日本依存が進みそうだ。

 

 

抜粋終了

ソース

 

 

ベトナム株も一時の勢いが無くなり、調整段階に入っております。

 

大きな事件・事故が無ければ、まだまだ上昇していく余地があるとおもいますので、

 

今後は銘柄選びにも力を入れたいと思います

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

ベトナム中銀 予想外の利下げ !?

ベトナム中銀が予想外の利下げ を発表し、本日より実施されております。

 

抜粋開始

 

ベトナム国家銀行(中央銀行)が7日遅く、3年ぶりの利下げを発表した。政策金利の引き下げは予想外で、国内経済の成長を支える可能性があるものの、不良債権に苦しむベトナムの信用リスクを高めることになる。

  同中銀のウェブサイトによれば、レファレンス金利は10日に0.25ポイント引き下げられ6.25%となった。公定歩合も4.25%と、これまでの4.5%から引き下げられた。

  ベトナム投資開発銀行の財務責任者ド・ゴック・クイン氏(ハノイ在勤)は「今回の利下げで企業と個人がより安価に借り入れできるようになり、融資需要刺激と消費支援に寄与するだろう」と指摘。その上で、「ベトナム企業は依然として銀行融資に大きく依存している。不良債権増加を回避するため、融資がどのように利用されるのか留意する必要がある」と述べた。

 

抜粋終了

ソース

 

 

日本語翻訳文ではリファレンス金利となっておりますが、

英語の文面を読むと Re finance rate なので 借り換え金利?ではないでしょうか。

 

 

2017年上半期の速報データも出ております。

 

すみません。ハノイ市のデータでした

 

17年上半期GRDP成長率+7.37%、下半期+9.5%以上目指す

 

抜粋開始

 

ハノイ市人民委員会のグエン・ゾアン・トアン副主席は、3日に開かれた同市人民評議会の会議で、同市の2017年上半期経済状況および下半期行動計画について報告した。

 報告によると、2017年上半期における同市の地域内総生産(GRDP)成長率は+7.37%で、前年同期の+7.34%を若干上回っている。分野別で見ると、工業・建設業が+7.55%、サービス業が+7.42%で成長を牽引し、農業は+2.25%の控えめな水準となっている。

 同市当局は2017年のGRDP成長率を+8.5〜9.0%とする目標を掲げているが、この目標を達成するには、下半期に+9.5%以上の成長率を確保する必要があると試算されている。

 また、同期の輸出額は前年同期比+12.1%増の57億8900万USD(約6500億円)で、伸び率+4〜5%の計画を大きく上回っている。一 方、輸入額は同+20.7%増の142億3300USD(約1兆6000億円)に膨らんでいる。

 同期に同市を訪れた観光客数は同+8%増の1185万人で、うち外国人観光客数が同+14%増の233万人と順調に伸びている。海外直接投資(FDI)について、新規案件は269件で、新規認可額は10億5300万USD(約1200億円)となっている。

 

抜粋終了

 

ソース

 

 

参考になりそうなデータを見つけました。

 

 

大和総研 ベトナム株 経済情報 政策金利.JPG

 

表抜粋ソース

 

 

ハノイ市だけではなく、ベトナム全体でも2017年GDPの目標達成は、

難しい状況です。

 

上半期(1〜6月)の成長率は5.73%となった。

政府は通年での成長率目標として6.7%を設定しているが、

下半期(7〜12月)に7%台後半の成長が求められるため目標達成は難しい状況だ。

 

ソース

 

 

 

今後も景気刺激策を出してくるのか注目です。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

本日多くの株を売却

昨日の話題の続きとなります。

 

持ち株の一部を売却しました。

 

売却できなかった株も多く、その多くは流動性の低い銘柄です。

 

 

その銘柄たちは1株も売られること無く、

 

次回その株のブームが来るまで、眠り続ける事になりそうです。

 

 

今回の株売却は早すぎる!?

 

何で今売るの!?

 

と思われる方も多いかと思います。

 

 

アジア株太郎は外国在住 (日本・ベトナム以外の国です)で、

 

前々から、家を買うことを検討しておりました。

 

ベトナム株はその資金と考えており、

 

今回売却した資金を頭金に。と考えております。

 

本当は指数が1000になるまで、(今は800手前)保有しておきたかったのですが、

 

今回思うところがあり、売却しました。

 

 

本命銘柄は、一部を継続保有しておりますし、

 

今後もベトナム株は毎日チェックし、頻繁にブログを書いていこうと思いますので、

 

よろしくお願いいたします

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

緊急アラート! ベトナムと中国が不穏な流れに!

 

緊急アラート発令!です。

 

 産経新聞ウェブ版 抜粋

ベトナムが石油掘削を強行 中国の報復も

 

 

中国とベトナムが領有権を主張して対立する南シナ海のパラセル(西沙)諸島

 【シンガポール=吉村英輝】英BBC放送(電子版)は5日、中国も領有権を主張する南シナ海海域で、ベトナムが石油探査に向けた海底掘削に着手した、と報じた。この探査をめぐっては、中国人民解放軍首脳が激高し、訪越日程を切り上げた経緯がある。報道が事実であれば、ベトナム政府は、中国側の猛抗議を無視して掘削を強行したことになり、中国による報復も予想される。

 シンガポールの石油コンサルタントの話として伝えた。ベトナム南東部の南シナ海の鉱区開発権を持った国際石油会社が、委託した探査船で先月21日、ベトナムから約400キロの海底掘削を始めたという。

 別の関係者は、ベトナム政府は過去3年間、中国を刺激することを避けるため、同社に掘削許可を出さなかったとしている。BBCは、中国との衝突リスクが弱まったと判断したベトナム上層部が、「大胆な行動」に出た可能性を指摘した。

 同鉱区と重複する海域では、中国も独自に権益を設定し、中国共産党の幹部が名を連ねる香港の石油会社が2014年、開発権を購入しているという。

 ベトナムの石油探査の動きを受け、人民解放軍制服組トップの范長竜・中央軍事委員会副主席は6月18日、ハノイでのベトナム首脳らとの会談で中止を要求。だが拒否されて激高し、20日から予定していた二国間防衛対話などを突然キャンセルして出国した。

 

抜粋終わり

 

 

このニュースを受け、7月5日日本時間7時前に売り注文をだしたのですが、

 

すでに注文を出せる時間を過ぎており、株を売却することができませんでした・・・

 

そこで気を取り直して、ここ1ヶ月のベトナム関連ニュースをチェックしたところ、

 

このような結果になっていました。

 

 

ベトナム 中国 南シナ海 石油

 

 

 

ベトナムが強気に出れるのは、アメリカ・日本の支援があるからだと思いますが、

 

ここ数日で事態がエスカレートするようなことがあれば、

 

2014年の再来となるかもしれません。

 

 

2014年の流れ

 

2014年 ベトナム 南シナ海 中国

 

 

 

この流れの中で、ベトナム株は一時10%近く下落しました。

 

良くみると同じような下落が続いたし、そんなに影響ないかも・・・

 

2014年 ベトナム株 南シナ海  チャート

 

ニュース証券様 当時の状況が良くわかるレポート

 

 

 

最近ベトナム株は好調でしたので、これが下落のきっかけになるかもしれません。

 

しかし、前回の紛争では外国人投資家の買い圧力が強く、

 

数ヵ月後には株価は回復しております。

 

 

前回と同じ流れになれば

 

 〜瓩瓩乏瑤鯒笋辰童酋皀殴奪函

 

◆ヽ瑤下がったところで買いなおし!

 

を狙いたいところですが、そんなにうまくいくでしょうか?

 

経過を逐一チェックしたいと思います。

 

最新情報はこの ベトナム株掲示板

 

 

 

 

 

 

 

個人的な追記になりますが・・・・

 

ベトナム関連のニュースは日経のウェブ版で毎日チェックしています。

 

重要なニュースはまったくといっていいほどありませんでした。。。

 

日経新聞 ベトナム株 ニュース

 

 

日経解約して、産経にしようかしら

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

ブログ村のカテゴリを ベトナム株一本に絞ります。

今まで 日本ブログ村というサイトのカテゴリーを

 

ベトナム株50%

外国株50%

 

でやっておりましたが、今日からベトナム株のみにしました。

 

また最近更新を怠っておりましたが、ベトナム株は毎日チェックし、

 

某掲示板にもかなりの頻度で書き込んでいます。

 

書き込み内容を、こっちでまとめてみようと思います。

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

<< | 2/21PAGES | >>

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです