サイト内検索にご利用ください.
おススメブログ記事・ブログ紹介

ダナン港 (CDN) 1

お待たせいたしました。

 

誰も待っていなかったかもしれませんが・・・

 

個人的に注目している ダナン港 (CDN)を取り上げていきたいと思います。

 

 

ダナン港のおさらい

 

 

ダナン港は、サイゴン港、ハイフォン港に次ぐベトナムで3番目に大きな商業港です。

 

ダナン港 というのは、ティエンサ(Tien Sa)港とハン川港、

 

そして今後開発が予定されているリエンチィュウ 港の総称ですが、

 

現在はティエンサ港がメインとなっています。

 

 

 

ダナン港 地図

 

 

一般雑貨、コンテナ貨物、木材・チップ、セメントなどのターミナルが設けられており、

 

当初はサイゴン港やハイフォン港などの他のベトナムの主要港と同様に河川港であったが、

 

拡張によりダナン湾沿岸部に新たなターミナルが建設されたことで、

 

外洋と直接アクセスできる海港となり、

 

入出港水路の水深等の制約が少ないという好条件を備えております。

 

 

 

ティエンサ港では、日本政府から の資金援助により倉庫と同関連施設の

 

システムの改良が推進されており、船舶やコンテナ船のほか、

 

飛鳥のような豪華客船の入港も可能です。貨物の取扱能力は年 600 万トンで、

 

日本、台湾、 香港、シンガポール、韓国、米国行きの国際便があります。

 

 

 

ダナン港 CDN  売り上げ

 

 

 

貨物の取扱能力は年 600 万トン。とありますが、これは少し古い情報で、

 

2015年にはすでに600万トンを超えており、

 

現在進んでいる計画(建設中)では、年1200万トンまで拡張されます。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
データ・文章等の間違いにお気づきになられた方は、コメントや
メールinfo @ asiakabu.jp でご連絡いただけましたら幸いです。
また、投資は全て自己責任となります。

<< | 2/2PAGES |

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムなどに参加しており、ページ中にアフィリエイトリンクを張っております。クリックすると数%のコミッションを関係会社様よりいただける予定です。

上記企業様で購入予定の方は、クリックいただければ幸いです